(BC1) 2018/1/13 - 14 「小樽春香山銀嶺荘」

haruka-norte.jpg
ツアー名 2018 NORTE BACKCOUNTRY SKI TOUR 「小樽春香山銀嶺荘」
概要 札幌近郊のクラシックルート、山頂から見る石狩湾の眺望はまさに絶景!!NORTEの裏山(庭)だけにオリジナルルーティンで斜面もバッチリ!!ランプの山小屋「銀嶺荘」は雰囲気も◎です。
過去のツアーレポート(2014)
過去のツアーレポート(2015)
過去のツアーレポート(2016)
過去のツアーレポート(2017)
グレード ★★☆☆☆
日程 2018/1/13(土)-14(日) 2日間
料金 24,000円
集合/解散 21日千歳空港08:00、または札幌市内09:00頃集合、22日千歳空港17:00解散
宿泊/食事 *宿泊  21日 春香山銀嶺荘 (別途宿泊費¥800が掛かります。)
・「銀嶺荘」は有人の山小屋ですが、食事の提供はありませんので食材を荷揚げしてガイドが調理します。電気はありません。水及びお湯は銀嶺荘で調達出来ます(無料)銀嶺荘には寝具がありますが、夏用のコンパクトなシュラフ(寝袋)、又はシュラフシーツ(インナーシュラフ)等があるとより快適に過ごせます。
*食事:朝1回 昼0回 夕1回
Contact よりお問い合わせ・ご予約ください。皆様のご参加お待ちしております。

 

rsvico.gif

■補足

(参加料金について)
お知らせ予定の参加料金には、ガイド代、保険代、宿泊費、昼食・行動食を除く食事、ツアー中の移動費が含まれます。集合場所までの交通費、スキー 場でのリフトチケット・ロープウエイの乗車券などの購入費はお客様のご負担になります。詳しくはお気軽にガイドまでお尋ねください。

 (装備について)
 基本的にスキー場の管理区域外の山岳地帯での行動を想定してください。 雪崩トランシーバー(ビーコン)、スコップ、アバランチプローブ(ゾンデ)、シール(スノーシューも可)などの登行用具、30リットル程度のスキーを装着できるバックパックをご持参ください。(各装備レンタルあり)

 (服装について)
 雪山を登るにふさわしい服装をお薦めします。 中綿の入ったゲレンデ用のウエアーは体温調節がしづらくハイクアップなどには向いていません。ゴアテックスなどの防水透湿素材を使用した薄手のジャケットにフリースなどの中間着を重ね着して体温の調節をしてください。また、直接肌に触れるものは木綿などの乾きづらい素材のものは避け、化繊などの乾きやすい 素材のものがおすすめです。




2017年11月 1日 Webmaster | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.norte-sapporo.com/mvt/mt-tb.cgi/89